aro.40*mysa's room

アラ40で赤ちゃんを待ちわびています。フルタイムで働きながらの妊活や日々のことを書いてます。

スポンサードリンク

まさかの逆子

31週になりました。

 

30週の検診では、スクリーニングを受けました。

前回のスクリーニングは20週だったので、本当にあっという間の10週。

そして、赤さん(なぜかオットはこう呼ぶ)も、すくすく育って顔立ちなんかも赤さんらしくなってきました。

前回の時は、はっきり写らないこともあって、ガイコツみたいだったり顔がぐちゃっとなって、ちょっとグロテスクな感じだったのでオットが真剣に心配してました。

 

でも今回の検診で、何となく赤さんの顔立ちがわかって、私に似ているという結論に至りました。

鼻から口元にかけては特に、私そっくりみたいです。

 

そして毎回4Dを撮って貰うのですが、高確率で頭をポリポリかいてるんですよね。

そして、顔を隠しがち。

恥ずかしがり屋さんなのかもしれません。

 

さて、今日の記事タイトルなんですが・・

 

・・・どうやら赤さんは、逆子のようです。

 

逆子の原因としては・・

①狭骨盤

 読んで字のごとく、骨盤が小さくて狭い状態。

 胎児の頭に対して骨盤が狭いために、頭が入らないで逆子になる。

 

②巨大児

 

③前置胎盤

 胎盤が子宮の低い位置に作られた状態で、胎盤の位置によっては分娩の妨げになる。

 また、胎盤の位置が低いために頭位の体勢の邪魔になることで、逆子になる。

 

④子宮奇形

 子宮に壁ができることで、子宮内が狭くなって逆子になる。

 

⑤子宮筋腫

 腫瘍が良性であっても、筋腫が大きくなることで、子宮内が狭くなって逆子になる。

 

⑥羊水過少症

 羊水量が100mlを下回っている状態。

 胎児が子宮内で動けなくなり、逆子になる。

 

⑦羊水過多症

 胎児の発育不全、臓器以上により羊水を吸収できなかったり、胎児の尿が多いことが原因で、羊水量が800mlを上回っている状態。

 

⑧過短臍帯

 臍帯の長さが25cm以下の状態。

 短過ぎると胎児が動き回れなくなるため、逆子になる。

 

⑨水頭症

 胎児の頭蓋骨内に水が溜まる病気。

 頭が大きくなり、動き回れなくなり逆子になる。

 

ということが挙げられるようです。

 

上記で、特に指摘を受けたことが無いので私の場合はどれに当てはまるのかわかりません。

 

でも、逆子を治す姿勢というのがあるらしく、それを教わって毎日実践しています。

 

これは寝る直前にやるもので・・

①布団に入ってから、膝をついた状態で、腰を高く、胸を床につくように低くする。

 

②膝は少し開いて楽な姿勢をとり、大腿部が床に垂直なるようにする。

 

③そのまま10~15分続ける。

 

④終わったら、そのまま体の右側を下にして寝る。

 (私の場合は、赤さんの背中が左側に来ているので右側を下にして寝るのですが、逆の場合は左側を下にして寝るようです。)

 

これを1~2週間続けると逆子は治る傾向にあるようです。

 

これがダメでも奥の手がありまして、以前通っていた整体では逆子を簡単に治せるそうなので、もし治らなかったら行ってみたいと思います。

 

あとは、お灸を併用。

足を冷やすと良くないそうなので、これからの季節は特にしっかり温めたいと思います。