aro.40*mysa's room

アラ40で赤ちゃんを待ちわびています。フルタイムで働きながらの妊活や日々のことを書いてます。

スポンサードリンク

子宮鏡検査

子宮鏡検査を受けました。

 

結果も、もちろんなのですが、気になってたのが

 

痛みはどうなのか・・

 

ってことでした。

 

基本的に痛みには強い人間だと思ってたのですが、卵管造影検査でおののき、通気検査で撃沈した私。

はっきり言って、恐怖でしかありませんでした。

 

これから、妊娠・出産を望む人が何言ってんだって感じですよね。

 

そんな感じなので、先月、子宮鏡検査の説明を受けた時にも思わず痛みについて質問してしまいました。

答えとしては、「あ、全然。ほとんど痛くないよ。」って。

 

ほとんど・・・って、ナンダヨ。

そこは言い切ってくれと思いました。

痛みが心配だったら、生理痛の薬を飲んでくると良いよ。

って言われました。

 

通気検査のときも、そう言われて飲んで行ったけど全く効かなかったんだよぉ。

とまた撃沈。

 

とはいえ検査は受けなければならないので、そのまま当日を迎えました。

 

検査の直前まで、痛みについて調べまくってました。

中には、激痛・・って言うのもあって

 

あぁ、もうほら激痛って書いてあるじゃん!

って、心の中であたふたしてました。

 

そしていざ検査へ。

 

まずは卵胞チェック。

23mm以上になってました。

エストラーナテープを貼ってから、基礎体温がガタつくようになって、高くなったから排卵しちゃったかなとおもってたけど大丈夫でした。

 

そして、いざ子宮鏡検査へ。

 

最初に器具を付ける時に、振動で少し痛かったのですが・・・

あとは、スコープを入れられても、全く痛みはありませんでした。

 

拍子抜けです。

 

先生がモニターを見ながら、ところどころ写真を撮ってるような感じでした。

私も頑張って見ようとしてたのですが、あまりよく見えませんでした。

でも何となくキレイなのかな?くらいに思って見てました。

 

検査が終わって一安心。

しばらく待って、結果を聞きました。

 

 

結果は・・・

 

全く問題なし!

 

着床する下側は、ツルツルでキレイ。

左右の卵管の入り口付近もキレイ。

天井部分の一部が少しザラザラしてるけど、着床には影響が無いとのこと。

 

良かった。

 

・・・・のだけど、じゃあ不妊原因はなんなんだろう。

早く答えが知りたい。

 

今回の子宮鏡検査では、子宮の中をキレイに洗っているので、着床するための環境を整えることもできたんだと言ってました。

 

そういう意味もあるんですね。

 

次は、融解胚移植です。