aro.40*mysa's room

アラ40で赤ちゃんを待ちわびています。フルタイムで働きながらの妊活や日々のことを書いてます。

スポンサードリンク

採卵してきました①

いろいろ初めて尽くしの採卵に行ってきました。

その時の話を書きます。

 

いつもとは違うフロアで受付。

朝、採取してもらったおたまちゃんを提出して、体重と血圧を測定後、案内されました。

 

採卵だけを行ってるのか、狭い静養室が10部屋近く並んでいました。

壁はあるけれど、出入り口はカーテン。

壁も仕切ってあるだけなので、隣の声や足音が聞こえてきます。

 

部屋に通されると着替えをし、体温を測ってトイレを済ませるように言われます。

ノーメイクの指示があったので、またノーメイクにマスクのスタイルで行きました。

一通り準備を終えて、何気なく鏡を見たら、あれ・・

コンタクトを取り忘れていました。

急いで持参したメガネに切り替え、待機。

 

しばらくするとスタッフさんが来ました。

採卵後にスタッフさんに履かせてもらうサニタリーショーツとナプキンを渡します。

スタッフさんは、それを準備して点滴の説明。

 

私、全身麻酔も初めてだけど、点滴も初めてでした。

 

それを聞いたスタッフさんは、少し驚いてました。

そんなに珍しいことなのかと、こちらもビックリ。

 

さっそく点滴。

刺す場所を探すときに、手首の辺りと採血する時の腕が曲がる辺りに目星を付けたようで

「でも、点滴が初めてなら、あまり痛くない場所が良いよね」と採血と同じ場所にしてくれました。

先に、貧血を調べるための採血をして、その後にその場所に点滴。

 

採血の痛みと大して変わらなかったけど、それを1時間くらい付けておくのはやっぱり気にはなりました。

 

しばらく横になるように言われ、そのまま待機。

 

受付から、約1時間くらいで採卵室に入りました。

 

最初に培養士さんが名前等確認に来ました。

「体外受精と顕微授精のどちらをご希望ですか?」

と聞かれて、ビックリ。

 

えっ・・

選べるものなの?

いや、でも顕微授精になるって聞いてたしな・・

と思って、どう答えて良いものか迷った挙句

 

「ど・・どちらでも。」

 

としか出てこなかったです。

そしたら、納得されたようで別室へ帰っていきました。

 

 

ちょっと長くなってしまうので、また後日書こうと思います。