読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aro.40*mysa's room

アラ40で赤ちゃんを待ちわびています。フルタイムで働きながらの妊活や日々のことを書いてます。

スポンサードリンク

サービスの質

先日、美容院に行ってきました。

いつもは、カラーとカットのみなので、会社帰りに立ち寄っています。

でも今回は、湿度が高くなってきて、私のくせ毛ちゃんたちが暴れ出してきてしまいがちだから、縮毛矯正も追加です。

会社帰りに行くと、かなり遅くなってしまうし、そもそも受け付けてくれないだろうと思ったので、わざわざ休日に行きました。

 

もちろん予約して行ったのですが、待たされました。

20分くらいまでなら、まぁ仕方がないで済んだのですが、なんと40分も待たされたのです。

 

「こちらでお待ちください」から30分待たされた時点で、もしかしたら、私が予約時間を間違えているのか?とスタッフを呼び止めたら、どうやら予約時間は間違ってないらしい。

すごく申し訳なさそうに「あともう少しお待ちください。」と言われて大人しく待ちました。

 

そして、やっと始めて貰った時には、予約時間の40分後。

遅くなってしまうのは仕方がないと思うのですよ。

お客さん相手の仕事だし、飛び込み客もいるでしょう。

それならば、携帯に連絡するなり、あと何分くらいかかるとアナウンスするなり方法はいくらでもあるのに。

 

終わった後に、オットと食事に行く約束をしていたので、終了時間を指定しました。

まぁ、当然ムリだろうなと思ったら案の定、「指定時間を少しオーバーする可能性が高いので、縮毛矯正は別日に予約された方が良いかと・・」と言われました。

 

こちらは一度で済ませたいから、わざわざ休みの日にまとめて時間を取って来てるのに・・何言ってるんだ、この人はと思いました。

 

まぁ【少し】なら良いかと思い「指定時間に間に合わなくても良いので、今日やってください」と言いました。

それで、カラー→シャンプー→縮毛矯正→シャンプー→アイロンの時点で、私の言った指定時間がきました。

あれ、伸ばして終わりだったかな?と思ったら、更に2液がありました。

 

もう、この時点でクラクラきました。

まだあるじゃない!何が【少し】だよ。

完全に煮えくり返りました。

 

そこに至るまでにも、アシスタントの女の子がアイロンをやっている最中、何度も何度も頭皮に当てられたのです。

1、2回は熱くて反射的に身を引きました。

それに気付いたアシスタントの女の子が申し訳なさそうに謝るものだから、怒ったら可哀そうだと思ってしまって、頭皮に何度当たっても我慢してました。

 

さすがにカットまでは無理だと思って、前髪だけだったら、確か無料だったはずなので前髪だけ切って貰いました。

 

で、お会計。

 

「前髪は、平日は無料ですが土日は・・・」と言ったところで、店長に止められてました。

 

当たり前です。

 

踏んだり蹴ったりです。

以前に同じところで、別のスタッフにやって貰った時には余裕で3時間で終わったのですがね・・

 

遅れる旨は先にオットに伝えてたけど、猛ダッシュで店へ。

40分も遅刻です。

 

オットはイライラすることも無く、静かにお酒を飲んでました。

事の顛末を話したら、「まぁ、安かろう悪かろうじゃないけど、安いところは、やっぱり質もアレだよね。」

って言われました。

 

物凄くムカムカしてたけど、妙に納得してしまいました。