aro.40*mysa's room

アラ40で赤ちゃんを待ちわびています。フルタイムで働きながらの妊活や日々のことを書いてます。

スポンサードリンク

白湯を飲んでます。

私はルイボスティーを飲んでいるので、いつもやかんでお湯を沸かしていたのですが、ちょっと面倒なんですよね。

火を使うから付いていないといけないし。

ということで、ずっと欲しかった電気ケトルをオットに買ってもらいました♪

 

この冬の後半は朝まず白湯を1杯飲んで始まります。

白湯を飲むだけで体がポカポカしてきて、目も覚めます。

という話をオットにしたら、最近ではオットも飲むようになりました。

 

私たちは、平日は朝ごはんを食べないので、なかなか体が温まらないのですが白湯を飲むようになってからは体がよく温まる実感があります。

 

白湯ダイエットは有名ですね。

でもただ飲めば良いのではなく、正しい飲みかたがあるようです。

 

白湯ダイエットのやり方

  1. 水をやかんに入れて火にかける
  2. 沸騰したら火を止めずに10分待つ
  3. カップに白湯を注いで、50℃になるまで冷まして飲む

というのが正しいやり方のようです。

私は時間もないし、手軽にできるので電気ケトルで大満足です。

 

白湯の効果

白湯には、色々な効果があるようです。

朝飲む白湯の効果

起き抜けに白湯を飲むことで、内臓の温度が高まり、体温を上げるために体のエネルギーを使う必要がなくなります。

その分、他の器官の活動に使えるようになるので、体がしっかり動かせるようになります。

 

食事の前に飲む白湯の効果

内臓が温められることで、働きが活発になって、胃腸の消化吸収を手伝ってくれます。

白湯を飲んでから30分程度経った頃が、食事を始めるベストタイミングです。

白湯で薄まった胃液も元に戻り、スムーズに消化が進み、腸からの栄養吸収もしやすい状態になっているからです。

 

 

寝る前の白湯の効果

良い眠りを得るためには、寝ている間の体温を下げる必要があります。

体の温度を下げることで脳のリラックスも促され、質の高い睡眠になるのです。

体温を下げる為には、まず身体の温度を一度上げたうえで、下がる時に睡眠に入るといわれています。

だから一度体温を上げる為に白湯を飲むのが効果的なのです。

 

 

私の場合、朝まず白湯を1杯飲みます。

次に甘酒+牛乳をホットで飲みます。

最後に時間があったら、また白湯をカップ半分くらい飲みます。

 

そうすると、利尿作用がかなり働くようで、午前中だけで、トイレに5〜6回行きます。

飲んでる量と比較して、かなり出ていることになるので、体に残っていた水分が排出されていることがわかります。

 

だから、浮腫みの解消にも役立っているし、結果的に体重も少し減るのでダイエット効果があると感じます。

 

また、からだを温める効果が絶大なので、妊活にももちろん有効であるといえますね。