aro.40*mysa's room

アラ40で赤ちゃんを待ちわびています。フルタイムで働きながらの妊活や日々のことを書いてます。

スポンサードリンク

花粉症が軽減されている?

以前は、重度ではないものの花粉症で目や鼻が痒かったり、やたらくしゃみが出たり、鼻水が出たりと大変でした。

 

春先なんて大好きな季節なのに、「あー、花粉症の季節が来ちゃうよー!」って思うようになってしまってました。

 

でも最近気付いたのですが、花粉症が軽くなってきていると思うのです。

その原因を考えてみたのですが、2つ思い当りました。

  1. 牛乳(ここ2年くらい、毎晩、寝る前にホットミルクを飲んでいるから。)
  2. ルイボスティー(妊活の一環として食事の時など飲むようにしているから。)

 これが軽減への糸口なのかを調べてみました。

 

牛乳を飲むと花粉症を軽減する?

これは、どうやら逆の作用が働くようです。

つまり、牛乳が花粉症を含むアレルギーを引き起こす原因になるというのです。

どういうことかと言いますと、牛乳のタンパク質はカルシウムと結合して、免疫システムが異物が侵入したとみなして排除しようと動きます。

この牛乳のタンパク質を分解する際に、毒素が発生した結果、免疫システムに弊害をもたらして、アレルギーを防ぐ力が奪われていくというのです。

 

これらの要因が重なって、腸で発生したヒスタミンという起炎物質が血流に乗って全身に循環して、アレルギー反応が起こることになります。


そもそも、牛乳のタンパク質はカゼインですが、人間の母乳のタンパク質はアルブミンというもので全く異なる物質です。

本来は子牛が飲む牛乳を人間が飲むことで花粉症やアトピー性皮膚炎が引き起こされていると考えられているのです。

 

ただ、同じ乳製品でもヨーグルトは、花粉症の原因になるという説と、花粉症を軽減するという説の両方があるようです。

原因になる説は、牛乳と同じ乳製品だからという理由、軽減するというのはヨーグルトには腸内環境を良くする乳酸菌が多く含まれているからというのがあるようです。

 

ルイボスティーを飲むと花粉症を軽減する?

では、ルイボスティーはどうなのでしょうか。

私は、不妊の為にルイボスティーを食事の時に飲むお茶として毎食飲んでいるのですが、どうやらこれが花粉症を軽減させているのだろうということがわかりました。

 

ルイボスティーには活性酸素分解酵素とミネラルが含まれていて、これを摂取することでまず腸内環境が良くなります。

免疫細胞の70~80%は腸内にあるから、腸内環境を良くすることで、免疫力が上がり、花粉症を軽減させることになるのです。

 

活性酸素は体内に適量ある分には健康維持に貢献しています。

でも、過剰に発生することで自分の細胞を攻撃してしまうのです。
花粉は活性酸素を大量に出現させるためアレルギー症状が起きます。

だから、活性酸素の除去は花粉症を抑えるのに重要なのですね。

 

 

どうやら、私の花粉症に効果があったのは、ルイボスティーのようでした。

不妊のために飲んでいたものが意外にも効果があったようです。

それにしても花粉症の原因になり得る牛乳の作用までを抑えてしまうとは、私にとっては、効果がよくあらわれたのですね。