読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aro.40*mysa's room

アラ40で赤ちゃんを待ちわびています。フルタイムで働きながらの妊活や日々のことを書いてます。

スポンサードリンク

妊娠したら歯科検診

前回は歯科治療について書きましたが、そもそも何で妊娠したら歯科検診を受けようとしたかを書きたいと思います。

 

それは、ただ単に妊娠した友達が言ってたから!

 

はい。

何の疑問も持たず、妊娠したら歯科検診するものなんだなとぼんやり思っていたのです。

 

あとは、妊娠したら歯が弱くなったとか、歯が抜けた!とか恐ろしい話を耳にする機会があったからです。

 

では、なぜ妊娠すると歯が弱くなるのでしょうか・・。

 

妊婦の歯が弱る原因

女性ホルモンの増加

妊娠すると、エストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が急激に増える。

すると口の中にいる女性ホルモンを好む歯周病菌が増加し、歯周病にかかりやすくなってしまう。

 

唾液の質と量の減少

ホルモンの関係で唾液がネバネバしてしまい、歯垢が増える。

唾液には口の中の殺菌作用がある為、その減少は細菌が増える原因となる。

 

免疫力が低下する

妊娠すると免疫力が下がり、口の中の細菌が増殖しやすくなる。

免疫が下がる理由としては、ホルモンバランスが崩れたり、お腹の赤ちゃんを異物として排除しないようにするためなど色々な説がある。

 

つわり

つわりで嘔吐してしまうと、胃酸が逆流する。

すると歯が酸で溶かされ、虫歯になりやすくなってしまう。

またつわりによって気分が悪くなり、歯磨きが億劫に感じることがあるので、結果、て歯磨きの頻度や丁寧さが減少すると、虫歯や歯周病になってしまう。

 

妊娠性エプーリス

虫歯や歯周病以外にも、歯の痛みの原因として、妊娠性エプーリスがある。

妊娠中のホルモンバランスの変化により歯肉に現れる良性の腫れ物で、出産後に小さくなったり、消えてなくなったりすることも多いといわれている。

痛みがひどいときや出産しても消失しないときは、歯医者さんに診てもらう必要がある。

 

 

といったことがあるそうです。

だから、歯医者さんにも【妊婦歯科検診】についての張り紙がしてあったのだと納得しました。

歯周病菌と女性ホルモンに密接な関係があったのは驚きです。

 

まだまだ妊娠する兆しもないのですが、完治したと思っても歯医者さんに小さな虫歯を発見されて、思いのほか治療が長引くものなので、妊娠前に一度、歯科治療を済ませておいて、気持ちに余裕を持って妊娠に備えることも大切だと思います。