aro.40*mysa's room

アラ40で赤ちゃんを待ちわびています。フルタイムで働きながらの妊活や日々のことを書いてます。

スポンサードリンク

甘酒を手作り♪

最近、甘酒が色々体に良いことがわかりまして興味を持ち始めました。

でも、私は甘酒が苦手なんですよね。

 

最近、甘酒を飲む機会がありまして飲んでみたんです。

そしたら、おいしいではないですか。

なぜだろうと思ったら、その甘酒は『米麹』で作っているそう。

 

私が嫌いだったのは、どうやら『酒粕』で作られた方の甘酒だったようです。

 

米麹で作った甘酒は、『酒』という字が付きながら、ノンアルコールなので子供でも妊婦でも飲めます。

 

これがどうやら自分で作れるらしいということを知り、さっそく作ってみました。

 

作り方は、米麹+水をヨーグルトメーカーにセットし、60℃で8時間放置します。

たったこれだけで簡単にできてしまうのです。

 

分量は・・米麹200g(乾燥)+水300ccだと、おかゆ状態になりました。

私は飲むときにお湯で割るのでちょうど良くなります。

 

 

では、甘酒にはどのような効果があるのでしょうか・・・

 

 

甘酒の5つの効果

 

①ビタミンB類が豊富

ビタミンB1、B2、B6:脂肪燃焼を促すのでダイエットに効果的なビタミン。神経系の健康維持に欠かせないビタミン。うつ症状やPMSを緩和する。また、タンパク質の分解・吸収を助けるため、皮膚や粘膜、歯や髪を健康に保つ効果もある。

パントテン酸ストレスを緩和する効果がある。またエネルギー代謝を助けて脂肪を燃焼させる働きも強く、ダイエットにも役立つ。

 

②体の中から美白

コウジ酸:メラニンの生成を抑えて肌を美白に導く。

フェルラ酸:ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持つ。細胞の生まれ変わりを活性化。肌細胞の新陳代謝も促す。

システイン肌を白くしたり、爪や髪をきれいに保つ効果がある。また、髪の毛を強くして抜け毛を予防する働きもある。

ビオチン:美肌と髪に欠かせないコラーゲンの生成を助ける。また頭皮の血行を促進し、健康な髪をキープする働きもしている。

 

酵素が豊富

代謝に関わる酵素が100種類以上も含まれている。

中でも、リパーゼは脂肪分を消化してエネルギーに変え、皮下脂肪や内臓脂肪までも燃焼させる働きがある。

体重増加を抑制する効果がある酵素が含まれている。

 

④便秘に効果

甘酒の豊富な食物繊維が腸を刺激し、便秘解消を促す。

また、オリゴ糖が腸内フローラを改善、ビフィズス菌など善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことで腸内環境を正常に整えていく効果がある。

 

代謝を高める

朝一番にエネルギー代謝を高めると、その効果は一日中継続する。一日の基礎代謝量が上がるため、普段と同じ生活をしていても脂肪や糖が効率よく燃焼していく。

また、脳のエネルギー源であるブドウ糖を含むため、朝飲めば頭がすっきりする効果が得られる。

 

 

 

などなど、つらつら書いてきましたが、上記の効果は一部です。

甘酒には、体を正常に機能する為に必要な多くの栄養素が含まれていることがわかります。

なるほど『飲む点滴』ですね。