aro.40*mysa's room

アラ40で赤ちゃんを待ちわびています。フルタイムで働きながらの妊活や日々のことを書いてます。

スポンサードリンク

排卵確認

基礎体温

36.57→36.74(+0.17)

微妙な上がり方です。

 

前回も微妙だけど

36.25→36.48(+0.23)

一応0.2以上上昇してます。

 

大丈夫なのかしら…と心配だったけど、エコーでは卵胞の姿はキレイに無くなって、無事に排卵した模様です。

最近は、高温期の上がり方が緩やか過ぎる気がします。

気になったので少し調べてみることにしました。

 

高温期の基礎体温とホルモンバランスの関係

 高温期への上がり方が緩やかな場合、ホルモンバランスが悪い可能性があります。

他にも、私に当てはまるのですが、高温期の途中でガタガタする場合には黄体機能不全の可能性があります。

 

排卵後に体温を上げる働きのあるプロゲステロンというホルモンの分泌が低下している可能性があります。

このプロゲステロンが低下すると、子宮内膜が薄くなったり、受精卵が着床しにくくなったりします。

 

ホルモンバランスがしっかりしていないと、卵胞が育ちにくかったり、変性卵や空胞ばかりで高温期が持続しないなどの原因になります。

また、せっかく排卵しても排卵後の卵胞の黄体がうまくいかないせいで、子宮内膜が薄いままで着床まで辿り着かない可能性もあります。

 

だから基礎体温をしっかり測ることで、授からないことの原因を探ることが大切なのです。

 

とはいえ今回は、おタマちゃんの成績が良かったから期待してしまいます。

期待すればするほど、ダメだった時の落ち込みが酷いのに。

 

根がマイナス思考なもので、【運動率90%なのに】などのネガティブ検索しまくってしまいます。

 

ズバリの検索結果が出ないことに安堵。

 

HCG5000を打ったから、1週間〜10日くらいは妊娠検査薬に反応してしまうため、フライングはできないかなぁと思いつつ、やっぱりやってしまうんだろうなぁと思います。

 

これからまた長い2週間が始まります。